ガラス修理費も節約できる!エコガラスで快適な室内環境に!

環境に配慮した高機能ガラス

エコガラスとは、旭硝子(株)、日本板硝子(株)、セントラル硝子(株)の3社が製造している複層ガラスの呼び名です。複層ガラスの内部に特殊なコーティングを施しているため、断熱性能と遮熱性能が、フロート板ガラスよりも大幅に向上しています。室内を快適な温度に保つことができるので、エアコンの使用頻度が減り、節電効果も期待できます。そのため、エコガラスを呼ばれています。地球環境に優しい高機能ガラスとして、注目されているガラスです。

エコガラスの豊富なメリット

節電効果・省エネ効果がある。
日本の夏は暑いため、涼しく快適な室内環境にするためにはエアコンが必須です。しかし、ガラス修理時にエコガラスにすると快適な室温をキープできます。結果的に節電効果があり、ガラスを換えるだけで年間9万円も節約できます。
遮熱効果がある。
エコガラスは、特殊なコーティングをしている金属が入っている複層ガラスで、遮熱効果があります。室内に入り込む日射量を63%カットすることができます。また、紫外線は83%もカットすることが可能になります。明るさを保ち、室温上昇を抑えるために必須のガラスです。
断熱効果がある。
冬は室内の熱を外に逃がさないことが大事になります。エコガラスは板ガラス1枚に比べて、室外に逃げる熱を3分の1にすることができます。寒い冬でも室内を暖かく保つことができるガラスです。
結露が防止できる。
結露は、冷たくなったガラス窓に暖かい空気が触れると発生します。結露が発生するとカビの原因になるため、奥さんや子どもの健康状態が悪化することもあります。ですが、外気が伝わりにくい構造になっているエコガラスに換えることで、結露防止が期待できます。

補助金がでるケースがある

エコリフォームをすることで賢く室内環境を改善することができます。国や自治体が補助金を支給したり、税金の一部を控除・減額することができます。エコガラスも対象になっているので、高機能ガラスへ交換をしたい方はエコガラスも選択肢に入れてもいいかもしれません。

TOPボタン